あまざけ

歴史と栄養

そもそも、甘酒って?

お酒は少量しか飲めないという人でも、甘酒は大好きという方はたくさんいらっしゃいます。というのも、甘酒は“酒”という字がついていますが、アルコール1%未満の清涼飲料水に分類されます。 甘酒は日本で古来から親しまれてきており、もともとは炊いたご飯に麹とお湯を混ぜ、ひと晩温かい場所に入れるとできあがる甘い飲み物でした。その後、家庭で手軽に作る甘酒として酒粕と砂糖を溶かして作るタイプも広まり、どちらも長年親しまれている味わいです。

あまざけQ&A

甘酒に関する歴史秘話

甘酒は一般的に冬の飲み物だと思われがちです。ところが今、季語辞典などで甘酒を引くと、甘酒は夏の季語になっているのをご存知ですか?答えはなんと江戸時代へと遡ります。

当時の生活様式を漫画風に描き、説明を加えた古文書が『守貞漫稿(もりさだまんこう)』ですが、その「甘酒売り」の項には、「江戸京坂では夏になると街に甘酒売りが多く出てきて甘酒を売っている。一杯四文である」というようなことが書かれてあります。
じつは江戸時代は夏の死亡率が一年中で一番高く、病人や老人、子供を始め、大人でも仕事などで無理が続くと暑さで体力が一気に低下し、亡くなる人が多かったようです。

そんな時、栄養たっぷりの甘酒は体力回復に非常に効き目があり、それまでの冬の飲み物としてではなく、夏の必需品として人気が高まり、夏の風物詩として季語にまで詠まれるようになったのです。

天然の栄養源=甘酒

甘酒を分析してみると、甘いのは体のエネルギー源にもなるブドウ糖で20%も入っています。さらに、人間が必要とするビタミンB1、B2、B6、ビオチン、イノシトール、パントテン酸などすべてのビタミン類も、麹菌が繁殖するときに生成され蓄積されていきます。また、米に含まれるタンパク質からは、麹菌が生成するタンパク質分解酵素によって多くのアミノ酸が作られるのです。

つまり、甘酒に含まれるブドウ糖群、ビタミン群、アミノ酸群の溶液を現代医学に照らし合わせると、まさしく点滴に他なりません。いかがでしょう、江戸時代の人たちが体力回復のために飲んでいた知恵は、驚くべきものであると思いませんか?

夏バテに限らず、体を温める冬の美味しい飲み物として、また優れた天然の栄養源として、白鶴の甘酒に親しんでください。

PAGE TOP