トップ > 知る・楽しむ > 新しい日本酒を追い続けて

新しい日本酒を追い続けて

日本酒造りにおいて、一切の妥協を許さずこだわり抜くのが白鶴酒造の使命。
幻の酒米を現代に蘇らせて造ったお酒「山田穂」や「白鶴錦」の誕生までのストーリーが、ここにあります。

白鶴錦

独自酒米「白鶴錦」の誕生

独自開発米で造る珠玉の酒

酒米の王者として名高い「山田錦」の兄弟品種を生み出すプロジェクトに着手し、8年という歳月をかけて完成した白鶴酒造の独自開発米「白鶴錦」。その誕生までの流れやネーミングに込めた想いをご紹介します。

詳細はこちら

山田穂

幻の酒米「山田穂」

原点の追求と新たな可能性

「最高の酒米とは何か?」を追求するうえで、昭和初期まで兵庫県で広く栽培されていた酒米「山田穂」に辿り着きました。その「山田穂」を原点に、現代の技術を用いてより良好な酒米「山田錦」が生まれるまでを紐解きます。

詳細はこちら

白鶴オンラインショップ

PAGE TOP