トップ > 企業情報 > 環境保全活動

ISO14001の認証

当社では、限りある資源を有効かつ効率よく利用し、高度の循環型社会を築き上げることが重要な使命と考えて、本社サイトで下記のとおりISO14001の認証を取得し、全社一丸となった環境保全活動を推進しています。
これまでの環境目標の達成状況を確認し、今後はより上流・下流を含めた広範なところでの環境配慮を目標に掲げていこうとしています。
また、情報の開示を心がけ、お客様や市民の方々との対話を大切に、双方向のコミュニケーションをはかるべく、環境に関する活動成果を皆様にご報告する「環境レポート」も発行しています。当社は、環境保全には今後とも継続的に、積極的に取り組んでまいりますが、皆様からの率直なご意見・ご指導を賜れば幸いです。

ISO14001の認証を取得

下記のとおりISO14001の認証を取得し、全社一丸となって環境保全活動を推進しています。

1. 登録事業者名 白鶴酒造株式会社 本社
神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5
2. 登録範囲
  • アルコール飲料(清酒、みりん、梅酒、焼酎、プラムワインなど)の研究/開発、製造、販売及び配送
  • 清涼飲料(甘酒)及び化粧品の研究/開発、販売及び配送
  • ワインの輸入販売及び配送
3. 認証取得日
登録日
1999年10月29日
登録更新日
2011年10月29日
4. 環境方針 「白鶴酒造株式会社環境方針」 2005年4月14日改訂

白鶴酒造株式会社 環境方針

基本理念

当社は、人類共通のかけがえのない財産である地球環境を守り次の世代へ引き継ぐために、良き社会の一員として、あらゆる事業活動において環境に配慮し、自主的、継続的に環境保全に取り組み、酒造りを通じて地域社会、文化に貢献していく姿勢を継続していきます。

行動指針

  • 環境マネジメントシステムを発展させ、環境保全活動を継続し、たゆまぬ改善と汚染の予防に努めます。
  • 環境に関する法規制および当社が同意したその他の要求事項を順守するとともに、自主管理基準を設定して事業活動に取り組みます。
  • 事業活動全般の環境影響評価を適確に行い、可能な範囲で目的・目標を定めて実践し、また定期的に見直すことにより環境パフォーマンスの向上を図ることを約束します。
  • 事業活動の中で優先的に以下の環境保全活動を推進します。
    • (1)天然資源を大切にし、省エネルギー・省資源に努めます。
    • (2)廃棄物の総排出量の削減に努めるとともに、廃棄物を適正に処理しリサイクルを推進します。
    • (3)水質汚濁の防止に努めます。
    • (4)潜在するトラブルを想定し環境リスクの未然防止に努めます。
    • (5)環境を配慮した商品づくりに努めます。
    • (6)グリーン購入や環境負荷を配慮した設備を導入することで、間接的な環境負荷低減を積極的に進めます。
  • この環境方針は、当社の全従業員や当社に関連した仕事をする人々に周知します。また、一般の人にパンフレット、ホームページで公開します。
  • 制定日 1999年3月1日
  • 改定日 2005年4月14日
  • 白鶴酒造株式会社
    代表取締役社長 嘉納健二

PAGE TOP