白鶴銀座天空農園とは?

白鶴銀座天空農園設立のきっかけ

白鶴銀座天空農園

ビルの屋上で米を作ろう!

銀座から日本酒文化の情報発信ができないか。それが最初のきっかけです。
それならば清酒の命である米を栽培してはどうか。そうして2007年から
この白鶴銀座天空農園のプロジェクトは始まりました。

取り組み

プランターから始まった屋上緑化プロジェクト。現在では他プロジェクトと連携したり、
地域の小学生が参加して栽培を手伝ったり、白鶴銀座天空農園を中心にして大きな動きが生まれつつあります。

小学生が白鶴銀座天空農園で体験学習

小学生が白鶴銀座天空農園で体験学習。

米づくりの輪を地元に広げてほしいと考え、近所の小学生を招き体験学習を
実施しています。田植えや稲刈り、試食をすることで
「食の尊さ」を知ってもらうことを目的としています。

白鶴銀座天空農園お米で醸造した「白鶴錦」誕生

白鶴銀座天空農園では、独自開発酒米「白鶴錦」を栽培。
銀座スタイル開催セミナーにて利用!

白鶴銀座天空農園で作られたお米は、白鶴銀座スタイル開催の
「銀座でつくったお米で、銀座生まれの日本酒を造る!」等セミナーで利用し、
そこで醸造した日本酒を、セミナー参加者の皆様にお楽しみいただいております。

取材を受ける白鶴銀座天空農園

国内や海外のマスコミが注目。学校教材にも掲載されています。

エコが叫ばれる中、日本の酒造メーカーが銀座で米を栽培するという取り組みは、
国内だけでなく海外からも注目されています。学校教材でもその取り組み内容が紹介され、
企業の社会貢献として紹介していただきました。

PAGE TOP