上撰 白鶴を味わう


上撰 白鶴 は、白鶴伝統の技が生み出す調和のとれた味わいのお酒です。
飲むほどに親しみがわく ロングセラーの味わいをお楽しみください。

味わい・おいしい飲み方など

飲みあきしない旨口

このお酒は一般に市販されている酒の中では、やや濃醇で、甘辛中間の酒と言えるでしょう。(日本酒度が+1ですが、酸が多くないのであまり辛く感じないでしょう。)
味わいマップ

原材料名

米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール

味わい・成分など

醸造方法 普通酒(上撰)
アルコール分 15〜16% 日本酒度 +1
酸度 1.4 アミノ酸度 1.1
飲用温度 室温
味わい 味わいマップ
※上撰サケパック180ml詰、上撰白鶴ペーパーカップ180ml詰のアルコール分は14〜15%

おいしい飲み方

冷やして 室温で
ぬる燗(40℃前後) 上燗(50℃前後)
 

おいしい飲み方〜湯煎

お湯の中に、徳利やチロリを入れて、温度を計りながら燗をつけるのが一番美味しいお燗の方法です。酒器もあらかじめ温めておいて冷めにくくしたり、燗をつけた際の、徳利の水滴をぬぐってから出すなど、こまやかな心くばりも忘れずに美味しく飲んでいただきましょう。

1合(約180ml)徳利での湯煎の仕方

1合(約180ml)徳利での湯煎の仕方 画像

燗酒の温度と時間【1合(約180ml)徳利の場合】

燗酒の表現 温度 湯煎時間
熱燗(あつかん) 55℃前後 2分〜2分30秒
上燗(じょうかん) 50℃前後 1分30秒〜2分
ぬる燗(ぬるかん) 40℃前後 1分〜1分30秒
※気温(室温)、鍋の大きさ、徳利の種類などによって、温度と時間は異なります。
※上記はあくまでも目安となっておりますので、お客様のお好みでお楽しみください。
※ヤケドなどのケガには十分お気をつけください。

 

おすすめ料理

相性のよい料理として次のお料理をご提案します。

三ツ星の相性
おでん/魚煮付け/天ぷら/焼き鳥(たれ)/湯豆腐

他にも…水炊き・魚すき、寄せ鍋・うどんすき、貝類(酒蒸し)、刺身・たたき、しゃぶしゃぶ(ごまダレ・ぽん酢)、すき焼き、寿司、肉じゃが、煮物(薄味・濃味)、焼き魚(青身・白身・エビ)、焼き鳥(塩)

 
二ツ星の相性

うどん・そば、お好み焼き・たこ焼き・焼きそば、おひたし、魚のフライ、酢の物、だし巻き・卵焼き、佃煮、漬け物、冷や奴、いたわさ(かまぼこ)、カツ、ぎょうざ、コロッケ、シューマイ、春巻、納豆、八宝菜、ビーフステーキ、焼肉

 
一ツ星の相性

オムレツ、酢豚、肉の唐揚げ、ハム・ソーセージ、野菜炒め、ハンバーグ、ポテトサラダ、ポテトフライ、マーボ豆腐

 
飲酒は20歳になってから。おいしく適量を。飲酒運転は絶対にやめましょう。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。 ご利用上の注意 お問い合わせ プライバシーポリシー