「泉だこ」のブランド化成功を追い風に漁業の問題を新たなチャレンジで乗り越えます。「泉だこ」のブランド化成功を追い風に漁業の問題を新たなチャレンジで乗り越えます。

一覧へ戻る

  • Twitter
  • Facebook

泉佐野

更新日:2018/6/25

前篇では、「泉だこ」(泉州沖で獲れたマダコを茹でたもの)としてブランド化されるまでの道のりと、現場の漁師の声をご紹介しました。今回の後篇では、泉南地域にある漁港のなかで、マダコの水揚げがトップクラスの佐野漁港を管轄する泉佐野漁業協同組合(以下、泉佐野漁協)を訪ねました。

佐野漁港を管轄する、泉佐野漁協の特徴と取り組み

泉佐野漁協は昭和20年に設立され、70年あまりの古い歴史を持ちます。この港の特徴を、代表理事組合長の三好正広さんはこう語ります。
「ここでの漁は底曳き網がメイン。ほかにはアナゴやタコを獲るカゴ漁、タコツボ、刺し網、潜水などもありますけど、8割は底曳き網やね。船着き場のすぐ隣にセリ場があるのも特徴かな。ウチはセリが昼の2時からと早くて、朝も出港する時間が5時30分と決まってる。朝の5時から夕方の5時まで漁をすることはないし、この大阪に24の漁協があるなかで、いちばん短い時間でやってると思う。週休2日で休みもちゃんとあるから、ほかのとこの漁師さんとは働き方が違うね」

午後1時を過ぎるころから続々と漁船が帰港し始め、午前中は静かだった港がにわかに活気づきます。漁師たちは港で待っていた家族らと獲れたばかりの魚を船から降ろし、リヤカーに積んでセリ場へと運び込んでいきます。

午後2時になると港にサイレンが鳴り響き、セリが始まります。「売り子」と呼ばれるセリの進行役の声が響くなか、箱に入れられた魚が次々とセリ台に上げられると、ひと箱につき10秒もしないうちに競り落とされます。

「ここで揚がった魚の行き先のほとんどは、この近隣か大阪の魚屋さんとか寿司屋さん、スーパーやね。だから、この近所の人はみんな小さいころからここの魚を食べてますよ」

全国的に漁師の高齢化が叫ばれていますが、それはこの泉佐野漁協も同じ。60~70代になっても船に乗り続けている漁師は、ここにも多くいます。その一方で、若い漁師が比較的多いことも特徴。そんな若い世代が中心になって、漁港を盛り上げる取り組みも行われています。

「ウチの漁協はヨソに比べたら、若いコがいるほうですよ。青年会もあるしね。彼らが中心になって地曳き網体験をして、その網で揚がった魚でバーベキューをしてもらったりとか、イベントもいろいろとしてます。漁のことを知ってもらい、魚と触れ合ってもらうのが目的。今の時代は、実際に魚を獲るところを見る機会が少ないのと違うかな。スーパーで売ってる切り身が、魚の姿やと思っている子どももいるらしいしね。地元の小学校と協力して、学校のイベントとしてやってもらったりもしてます。網が揚がったら、子どもらは喜んでくれてますね。こういうイベントは、今後も続けていきたいと思ってます」

港に隣接してあるのが、漁協が運営する「青空市場」。鮮魚店を中心に約30の店舗が軒を並べ、1階に寿司店、2階に食事ができるレストランがあります。

午後2時過ぎになると競り落とされた魚が市場内の鮮魚店に並び、それを求めて多くのお客さんが詰めかけます。一般の消費者だけではなく、寿司店や和食店、イタリアンやフレンチ料理店のスタッフも、ここに足を運びます。食のプロが、大阪の魚を認めているのです。

「関西のあちこちからお客さんが来られてます。観光バスで来られる団体さんもいてますし、関空が近いからか、最近は外国人の方もよく見ますね」

すぐ隣には「海鮮焼市場」もあり、ここでは市場で買った獲れたての新鮮な魚で、バーベキューを楽しむことができます。青年会による地曳き網体験のイベントなど、漁協が観光にも力を注いでいることが伺えます。

「とはいえ、やはり市場に買い物に来られる方がメイン。買い物に来て、ついでにセリを見ていく人が中心です。観光はまだもうひとつという感じですけど、そこもなんとかしていきたいと思ってます」

漁獲高の減少や漁師の高齢化。漁業の問題を前向きなパワーで乗り越える

大阪湾には多くの河川が流れ込み、そのことによって栄養分が豊饒にもたらされ、古くは「魚庭(なにわ)の海」と呼ばれるほど豊かな海でした。水質が改善された今はそのころの海に戻ってきているのかと思いきや、そうではないようです。

「大阪湾は好漁場と言われるけど、潮の流れも変わったし、魚が獲れる時期もズレるようになってきた。昔は魚を拾うのが忙しいくらい獲れてました。それと比べたら、魚の量はすごい減りましたね。それにあわせて漁に出る船も減って、以前は底曳き網で80隻くらいあったのが今は50隻弱です。環境の変化にいかに対応していくかも、これからの課題やね」

泉佐野漁協としても、何もせずに手をこまねいているわけではありません。漁業体験や市場の運営に加え、海に水産資源を取り戻す取り組みも行っています。

「たとえば、ウチではカニがよく揚がるんです。でも子持ちのカニを、そのまま売りに出したらカニ全体が減ってしまうから、再放流するようにしてます。稚魚を放流する事業もしてますけど、なかなかすぐに結果が出るものではないからね。けど漁業が我々の仕事やから、地道でも続けていかなアカンことやと思ってます」

大阪の漁業は漁獲高の減少や漁師の高齢化といった、日本の漁業全体と同じ問題を抱えています。ですが、今回お話をお伺いしたみなさんの言葉ひとつひとつには熱が込められていて、エネルギッシュな印象を受けました。「泉だこ」のブランド化で大阪の魚介類の認知が広まりつつあることを追い風に、前向きなパワーでこの難局を乗り越えて進んでいくはずです。

[「白鶴丸が行く」泉佐野篇プレゼントキャンペーン] 絶品グルメをプレゼント!![「白鶴丸が行く」泉佐野篇プレゼントキャンペーン] 絶品グルメをプレゼント!!

泉佐野の「漁港紹介/名物料理紹介(前篇)」および「漁港紹介(後篇)」の記事について、
アンケートに答えて応募。
抽選で合計8名様「泉だこ(ボイル)500g」または「白鶴 サケパック まる 300ml×12本」をお送りします。

プレゼントの中身

[A] 泉だこ(ボイル) 500g (3名様)[A] 泉だこ(ボイル) 500g (3名様)
[B] 白鶴 サケパック まる (5名様)[B] 白鶴 サケパック まる (5名様)

応募期間

2018年6月25日(月)~2018年7月16日(月)23:59まで

応募にあたって

白鶴酒造株式会社(以下「当社」といいます)が実施する『白鶴丸が行く』泉佐野篇プレゼントキャンペーン(以下「本キャンペーン」といいます)への参加にあたっては、応募要項(以下「本要項」といいます)をお読みになり、内容に同意いただいたうえでご応募ください。
本キャンペーンにご応募いただいた場合は、本要項に同意されたものとみなします。

応募要項

キャンペーン概要

泉佐野篇の「漁港紹介/名物料理紹介(前篇)」および「漁港紹介(後篇)」の記事について、アンケートに答えてご応募ください。
抽選で合計8名様に「泉だこ(ボイル)500g」または「白鶴 サケパック まる 300ml×12本」をお送りします。

応募期間

2018年6月25日(月)~2018年7月16日(月)23:59

応募方法

応募フォームから、アンケートおよび必要事項をもれなく記入し、ご応募ください。

※本キャンペーンへの応募に関する通信料等は、お客様のご負担となります。

※複数回の応募はできません。

応募資格

本キャンペーンへご応募いただける方は、以下の条件を全て満たす方に限ります。

  1. 日本国内にお住まいの方
  2. 20歳以上の方
  3. 有効なメールアドレスをお持ちの方

※当社社員および関係者は応募できません。

賞品内容
  • A.泉だこ(ボイル)500g(3名様)
  • B.白鶴 サケパック まる 300ml×12本(5名様)
抽選方法・当選発表
  • 本キャンペーンにおける当選はお1人様1回までとさせていただきます。
  • スタッフが厳正な抽選の上、ご当選者様を決定いたします。
  • ご当選者様には、e-mailにて当選の旨をご連絡いたします。

※迷惑メール対策などでドメイン指定受信やドメイン指定受信拒否等を設定している場合、当社からの当選通知に関するe-mailを受信いただけない場合がございます。本キャンペーン事務局のドメイン「@hakutsuru.co.jp」を指定受信に設定追加するか、ドメイン指定受信拒否を解除してください。

※迷惑メールフィルターを利用されている場合、迷惑メールフォルダーに振り分けられることがありますのでご注意ください。

賞品発送
  • 賞品の発送は7月下旬~8月上旬頃を予定しております。ただし、諸事情により、賞品の発送が遅れる場合があります。
  • 賞品のお届け先は、日本国内のご住所に限ります。
  • 賞品のお届け先は、当選者ご本人のご住所のみとさせていただきます。
応募無効

以下のいずれかに該当するときは、応募が無効になり、当選が取り消される場合があります。

  1. 応募時にご入力いただいた情報に誤りや不足がある場合など、応募内容に不備がある場合
  2. 応募資格を満たされていない場合
  3. 本要項への違反または不正行為があった場合
  4. ご当選時にe-mailにてお送りするURLより、当社の指定する期間内に送付先情報をご登録いただけない場合、またはご入力いただいた情報に誤りや不足がある場合など、登録内容に不備がある場合
  5. ご住所・転居先が不明もしくは長期不在などの理由により、賞品をお届けできない場合、または一定期間内に賞品を受け取られない場合
注意事項
  • システムメンテナンスの不具合またはネットワークの混雑などにより、キャンペーンサイトから応募ができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 賞品の交換および換金には応じかねます。
  • 本キャンペーンの内容(賞品・期間等)または本要項を予告なく変更する場合があります。変更があった場合は、白鶴まるのブランドサイトにてお知らせします。
個人情報の取扱い
  • 本キャンペーンのご応募にあたりご入力いただいたお客様の情報は、本キャンペーンの抽選および賞品の発送等の目的のために利用させていただきます。また、個人を特定しない統計情報として、商品開発、販促などのほか、お客様サービス向上のために利用させていただきます。
  • 当社は、お客様情報の流出・漏洩の防止、その他安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
  • 法令等に基づく正当な理由がある場合を除き、お客様情報について、お客様の同意なく目的外での利用および本キャンペーンの実施に係る再委託先以外の第三者への提供はいたしません。
  • 上記のほか、お客様情報の取扱いについては、当社のプライバシーポリシーに従うものとします。
プライバシーポリシー

URL:http://www.hakutsuru.co.jp/privacy/

問い合わせ先

本キャンペーンに関する問い合わせ先は以下のとおりです。
白鶴酒造株式会社 お客様相談室
http://www.hakutsuru.co.jp/customer/

※応募受付状況や抽選結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。

応募フォームはこちら

  • Twitter
  • Facebook

今回訪れた漁港へのアクセス

佐野漁港
住所
〒598-0051 大阪府泉佐野市新町2丁目5187番101
URL
大阪府漁業協同組合連合会 http://www.osakagyoren.or.jp/index.html
泉佐野漁協 http://izumisano-gyokyou.com/
  • Twitter
  • Facebook