製麹 時が熟すまでの数日間。大切に見守り、手間を施す。麹は、美しい花で答える。

麹室こうじむろに引き込んだ蒸し米には 研鑽を積みかさねてきた蔵人が 神経を研ぎ澄まし丁寧に種麹を振ていきます 酒米に植えられた麹菌は 切返し盛り仲仕事仕舞仕事といわれる 段階を経ながら麹蓋こうじぶたの中で成長していきます

下へ

その一連の作業の間蔵人たちが 刻一刻と変わていく状況に合わせながら 昼夜を問わず数時間おきに 積み替えを行い温度のむらをなくします 時には成長が急に進むこともあるので 油断はできません

下へ

その努力が報われるのが 順調に麹菌が生育することで 麹から放たれる甘い香りであり 酒米へと広がる 花のような美しさです つくり手はその甘美な瞬間から 今年の酒米の性格を感じ取り 理想の味へと向けたこれからの工程を 緻密に構築していきます

次へ