商品情報 原料 仕込みのこだわり 梅酒で健康になる 梅酒の飲み方 梅酒を使用した料理レシピ
白鶴梅酒TOPへ
梅酒を使用した料理レシピ

     
 
   

梅酒とじゃがいもの冷たいスープ
梅酒とじゃがいもの冷たいスープ
 
材料(2人分)
材料名
使用量
じゃがいも
2個
牛乳
300cc
だし汁
大さじ2
白鶴梅酒原酒
大さじ2
少々
万能ねぎ
少々

作り方

1.
じゃがいもはゆでて、皮をむく。
2.
ミキサーに(1)のじゃがいもと牛乳、だし汁を入れ、混ぜ合わせる。
3.
(2)に梅酒と塩を加え、味を調える。
4.
器に盛り付け、小口切りにした万能ねぎを散らす。
【レシピ提供:ジャパン・フードコーディネーター・スクール】
PAGE TOPへ



ひと口カッペリーニの梅酒ジュレ
ひと口カッペリーニの梅酒ジュレ
材料(2人分)
材料名
使用量
カッペリーニ(ゆで)
140g
長いも
10g
オクラ
6g
枝豆
5g
ミニトマト
1個
水菜
適量
梅酒ジュレ
50g
<梅酒ジュレ>(出来上がり約250g)
(A)
・白鶴梅酒原酒
100cc
・白だし(10倍希釈)
大さじ3
・水
100cc
ゼラチン
1袋(5g)

作り方

1.
(A)を火にかけ、沸騰寸前に火を止め、ゼラチンを加えてよく混ぜ合わせ、ボールに移して冷蔵庫で冷やし固める。
2.
長いもは皮をむき、角切りにする。オクラは塩(分量外)をふり、熱湯でゆで小口切りにする。ミニトマトは四等分のくし型切りにする。 枝豆は塩(分量外)をふり、熱湯でゆでて、さやからはずす。
3.
器にカッペリーニを盛りつけ、(2)の野菜を盛りつける。
4.
(1)をかき混ぜてジュレ状にし、まわりに盛りつけ、水菜をトッピングする。
【レシピ提供:ジャパン・フードコーディネーター・スクール】
PAGE TOPへ



梅酒ゼリーのトマトサラダ
梅酒ゼリーのトマトサラダ
材料(4人分)
材料名
使用量
トマト
30g
アボカド
30g
オレガノ
少々
こしょう
少々
<ゼリー>
5g
白鶴梅酒原酒
大さじ2
大さじ2
黒酢
大さじ2/1
(A)  
・水
大さじ1
・ゼラチン
2g

作り方

1.
水(A)に粉ゼラチン(A)を入れてふやかす。
2.
梅酒、水、黒酢を混ぜ、電子レンジで2分加熱する。
3.
ふやかしたゼラチンを湯せんで溶かし、(2)と合わせて容器に入れて、冷蔵庫で約20分冷やす。
4.
ゼリーが固まったらヘラなどで取り出し、1cm角に切る。
5. トマト、アボカドは約1cmの角切りにする。オレガノはざく切りにして混ぜ合わせ、こしょうをふる。
6. 角切りにしたゼリーと(5)を混ぜ合わせて器に盛る。
【レシピ提供:ジャパン・フードコーディネーター・スクール】
PAGE TOPへ



鯛とみょうがの手鞠寿司
鯛とみょうがの手鞠寿司
材料(4人分)
材料名
使用量
1合
白鶴梅酒原酒
100cc
100cc
りんご酢
大さじ1
小さじ1/2
青じそ
3枚
いりごま(白)
小さじ1
真鯛(刺身用)
100g
木の芽
5枚
みょうが
3個
(A)  
・りんご酢
大さじ1
・白鶴梅酒原酒
小さじ2

作り方

1.
米は洗い、ざるにあけて水気をきる。
2.
炊飯器に(1)の米と、梅酒、水を加えて炊飯する。
3.
炊き上がったら、りんご酢と塩を加えて、切るように混ぜ合わせ、刻んだ青じそといりごまを加える。
4.
真鯛はそぎ切りにする。(1枚20g程度)
みょうがは熱湯でさっとゆでて冷水にとり、縦半分に切って(A)に漬け込む。(30分以上)
5. (3)の梅酒酢めしを30gずつ丸めて、それぞれに(4)の真鯛とみょうがをのせる。
6. 皿に盛り、木の芽をトッピングする。
【レシピ提供:ジャパン・フードコーディネーター・スクール】


白鶴梅酒TOPへ
PAGE TOPへ

PAGE TOP