白鶴 梅酒原酒

白鶴酒造株式会社

  • Facebook
  • Instagram

梅酒トリビア

trivia03

お酒の力で梅のパワーを引き出す

梅酒が登場する日本最古の書物は、江戸時代に書かれた『本朝食鑑』です。「痰ヲ消シ、渇ヲ止メ、食ヲ推メ、毒ヲ消シ」といった梅酒の効用が紹介されています。現代でも食欲増進や殺菌作用などの効果が科学的に認められています。薬酒として広まった梅酒には梅の成分がたっぷりと溶け出していますが、実はアルコールが影で活躍しています。
漬け始めには、まずアルコールが梅に浸透します。次に砂糖が少しずつ溶けてお酒の中の糖濃度が上がるにつれて、今度は梅の成分がアルコールと一緒にお酒に引き出されるのです。
また、アルコールに溶けた成分は胃腸での吸収がよいということもメリットのひとつ。梅酒は梅とお酒の相乗効果を存分に生かした先人の知恵の結晶なのです。

Step1:アルコールが梅に浸透 Step2:アルコールとともに梅の成分が溶出

監修:医学博士 長野美根

梅酒トリビア 一覧へ

PAGE TOP